Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院出願について

近頃急に天気が悪くなって急速に寒くなってきたロンドン。
はやく晴れの日がやってこないかなー。

さて、前回の予告通り、大学院の出願と奨学金申請についてわたしの体験を詳しく記そうと思いますが、長くなりそうなのでまずは大学院出願のところから。

基本的にはどこも必要書類が共通しており、最も重要なのはエッセイ(Personal Statement)だと思われます。
エッセイはベース同じものであっても、各コース、各奨学金プログラムに合わせて書き直す必要があるので、かなり時間を取られます。と同時に書いているうちに自分がやりたいことがはっきりしてくるので自分にとっても大切なプロセスでした。

わたしの場合、字数的にLSE向けが一番長そうだったので、それをベースに、前回書いたSI-UKの個人レッスンで添削してもらい、持ち帰って推敲、を繰り返しました。講師の人も現役大学院生だったりしてコツを心得ているので費用対効果は抜群だったとおもいます。ベースが出来たら、他のプログラム用に使えるとこ、使えないとこ、書き加えるべきとこ、等ポイント押さえながら全体手直しして各種エッセイを作り込みました。

あと個別に特記事項としては。

①UPEACE(コスタリカ)&ATENEO(フィリピン)で修士が取れる日本財団プロデュースの奨学金付きプログラム 都市と平和についてのマスターコース

前半に英語レッスンが含まれていることもあり、TOEFLのハードルが低めで開始時期と募集〆切が早い。ということで8月末頃に出願し、エッセイも添削なしのものを提出。書類審査のあと東京で面接があるんですが、日本人の教授の方とUPEACEの女性(何人かは忘れました)と日本財団の方、3対1でソファに腰掛けて話すようなカジュアルな感じでした。基本はエッセイ内容の確認で、例外としては日本人の教授の方から原発について幾つか質問をされました(わたしの前職の絡みで)。

11月末にWaiting List入り通知がきて、12月中旬に合格通知受領したものの、学部時代の教授から「せっかくマスターとるならある程度知名度のある大学をお勧めする」と言われたのがひっかかり結局決めきれず辞退しました・・個人的にはスペイン圏のコスタリカで勉強できるし、学費生活費はかからないし、インターンもできるし、と沢山魅力を感じていただけに苦悩しましたが、学位取得後の将来を考えると正論なのかなーと思った次第です。

②UCL MSc Urban Economic Development
11月中旬に出願、そしてその時点ではわたしの第一志望でした。実践的なスキルを身につけるためのプログラムという印象があり、かつ「都市と貧困と発展」というわたしの中の問題意識のキーワードにしっくりくる内容だったんです。1月末にUnconditional Offerを受領してから更に悩んで、最後には自体しました。というのも1年という限られた時間で自分に必要なのは「知識(LSE)」なのか「実践/テクニック(UCL)」かと考えると前者だと感じたからです。もし両者2年間のコースならこっちを選んだかもしれないし、そもそもこの対比が間違っているかもしれないし、よくわかりませんが最後は勘で。

③マンチェスター大学 MSc Global Urban Development and Planning
11月初旬に出願し、12月初旬にUnconditional Offer受領しました。こちらは比較的新しくできたコース。学部時代に”一期生”というのを経験し若干後悔したことがあるので、もしUCLとLSEが不合格だったらチャレンジしようかと思い受けたもの。ということでこれも辞退。

④LSE MSc Local Economic Development
11月中旬に第二志望のつもりで出願し、1月初旬にUnconditional Offer受領。Theory重視、というのを聞いていたので、UCLの欄で記載の通り、1年間でマスターを取るんであればTheory重視って妥当なのかなとおもってこちらを選択。来てみた印象というのはまた後日書きますが、決して間違った悩みでも間違った決意でもなかったかなというところ。

振り返るとあっという間の出来事だったけど、当時は仕事もしながらいろいろ調べて文章書き直して、結果まちながらハラハラして、かなりストレスフルでした!あとSI-UKはエッセイの添削とIELTS対策として集中的に利用させて頂き、お金はかかったけどかなり良かったと思っています。本当は無料サポートプログラムも充実しているようだけど、LSEやUCLがその対象外だったり、出願自体やビザ申請にはそれほどサポートいらないなとおもっていたのでこのような利用の仕方になりましたが、こういう機関があるのは大変助かることだと思います。

次回は奨学金についてかきますー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

nutty0

Author:nutty0
2014/2015の1年間、LSEにて修士課程を取るため留学する事になりました。

興味のある方へ参考になるような情報を発信できるようブログスタートします。

よろしくおねがいします!!

 

最新記事

最新コメント

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。